人間ドック、健康診断ならSBS静岡健康増進センター

月曜日~土曜日AM9:30~PM4:30※但し、祝日・年末年始を除く

  • 予約・お問い合わせ 054-282-1109
  • 予約申し込み専用 0800-200-4466

役立ち情報

Useful Information

役立ち情報

Useful Information

暑さ指数と熱中症

暑さ指数(Wet Bulb Globe Temperature)と熱中症

今年も猛暑の夏がやってきました。夏は熱中症が心配な季節です。
そこで今回は熱中症危険度をチェックする暑さ指数(WBGT:湿球黒球温度)のお話です。
暑さ指数(WBGT:湿球黒球温度)とは、気温・湿度・輻射熱の3つを取り入れた温度の指標で下記の方法で計算します。

暑さ指数(WBGT)=湿度の効果7:輻射熱の効果2:温度の効果1 

※WBGTの算出方法

・屋外:WBGT(℃)=0.7×湿球温度+0.2×黒球温度+0.1×乾球温度
・屋内:WBGT(℃)=0.7×湿球温度+0.3×黒球温度

  • 湿球温度(水で湿らせたガーゼを温度計の球部に巻いて観測した温度)
  • 黒球温度(黒色に塗装された薄い銅板の球の中心に温度計をいれて観測した温度)
  • 乾球温度(通常の温度計で気温を観測した温度)

この指標のポイントは湿度の割合が多いという事です。湿度が高いと汗が蒸発(放熱)しにくいため、高温になった体温が下がりにくく熱中症にかかってしまいます。
国内では暑さ指数:WBGTが28℃を超えると熱中症の発生率が急増します。

wbgt


  • 気温は同じでも湿度が高い方が熱中症にかかる率が高くなります。

高齢者の方は身体の感覚機能が鈍くなっています。また小さい子供は体温調整機能の発達が不十分です。そのため、屋外だけでなく屋内でも熱中症にかかります。家族や周囲の人が注意してあげましょう。
そこで、環境省では熱中症の指針を出しています。今回は、その中の日常生活に関する指針を紹介します。

  • 熱中症は「気温が高い」「湿度が高い」「風が弱い」「急に暑くなった」等の時に起こります。

<症状>

めまい 立ちくらみ 筋肉痛 大量の汗 頭痛 吐き気・嘔吐 全身がだるい 
痙攣  高体温 呼びかけに対し返事がおかしい 意識消失等です。

<対処法>

出来るだけ早く身体の熱を逃がすことがポイントです。

・涼しい所に移動する
・脱水状態なので水分補給をするスポーツドリンクや経口補水液*が効果的) *持病のある方は主治医にご相談ください
・タオルを身体にあてて水をかけて風を送る
・エアコンや扇風機で室内を冷やす
・氷嚢で首の回り、腋の下、足の付け根などの太い血管が通っている所を冷やす
・足を高く挙げる
・手足の先から身体の中央に向けてマッサージして血液の流れを良くする
・意識がない、朦朧としている、高体温などの時は直ぐに救急隊を要請

<予防>

・気温が30℃以上になる日は用事がなければ出かけない
・こまめに水分補給をする
・日傘、帽子、涼しい服装
・適度に休息をとる

pageTop