人間ドック、健康診断ならSBS静岡健康増進センター

月曜日~土曜日AM9:30~PM4:30※但し、祝日・年末年始を除く

  • 予約・お問い合わせ 054-282-1109
  • 予約申し込み専用 0800-200-4466

役立ち情報

Useful Information

役立ち情報

Useful Information

検査結果に使われる用語

正常範囲内
検査の結果、その時点では異常が認められないということです。
今回の検査項目内での判定です。油断せず、継続受診するようにしましょう。
放置可(軽度異常)
データでは軽度の異常を認めますが病的ではなく、放置してもよいということです。
要観察
症状の有無など引き続き観察が必要です。日常生活上の注意を守ってください。
通常は1年後に再検査を受けながら経過を見ます。
要再検査
n(3,6,12)ヵ月後に再検査の必要があります。
検査所見に今回異常の疑いがあった場合、もう一度同じ検査を行って状態を確認します。
要受診(要治療)
検査所見に異常があり、明らかに病気と考えられます。服薬、手術など医師の治療が必要です。
要精密検査
通常の検査では異常の状況が明確にならない場合、診断のためさらに詳しい検査が必要ということです。
治療中
現在、病気で通院中だから健診は不要というわけではありません。健診を受けて、全身の健康状態をチェックしましょう。
検査結果から勝手に判断し、治療計画変更は危険です。判定は主治医の指示に従ってください。

「要治療・要精検・要再検」といわれたら

検査結果に異常がみられ、「要治療」「要精密検査」「要再検査」の指示が出された場合には、必ず医療機関を受診しましょう。医師の判断あるいは御本人の希望に応じて専門医を紹介します。

pageTop