人間ドック、健康診断ならSBS静岡健康増進センター

月曜日~土曜日AM9:30~PM4:30※但し、祝日・年末年始を除く

  • 予約・お問い合わせ 054-282-1109
  • 予約申し込み専用 0800-200-4466

健康診断・人間ドック 各コースご案内

Medical Examination

健康診断・人間ドック 各コースご案内

Medical Examination

トモシンセシス(3Dマンモグラフィ)

最新型3Dマンモグラフィを導入しています

 当センターでは2020年4月より最新型のトモシンセシス機能つきマンモグラフィ装置を導入し、乳がんの早期発見に努めています。

 

トモシンセシス(断層)撮影について

 トモシンセシス撮影はマンモグラフィの3D版です。角度を変えて複数の方向から乳房を撮影し、3次元的に再構成することで、乳房全体を1mm間隔の細かい画像で表すことができます。

 

 

 撮影方法は従来のマンモグラフィ検査と同様に、胸を挟んで撮影します。 トモシンセシスは装置のアームが回転しながらたくさんの画像を撮影をするため、通常のマンモグラフィ撮影よりも時間がかかります。目の前で管球が動きますが、その間もお体は動かないようにお願いします。

トモシンセシス

 

このような方におすすめします

  • 過去に腫瘤やFAD(局所的非対称組織)といわれたことがある方
  • 乳腺症、高濃度乳房の方 
  • 乳がん検診で経過観察になっている方

 

 

従来のマンモグラフィ(2D)との比較

  • 従来のマンモグラフィ(2D撮影)での被ばく量は1mGy以下で、撮影時間は約3秒でした。
  • 新たなマンモグラフィ装置で、2D+3Dで撮影する場合の被ばく量は2mGy以下で、撮影時間は約9秒となります。
  • 日本のガイドラインでは被ばく量が3mGy以下になるように決められているので、2D+3Dの撮影でも被ばく線量は適正範囲になっています。 

  

 

  • 健康診断、人間ドックのオプション検査において、従来通りの撮影方法(2Dのみ)か、2D+3D撮影の選択が可能です。
  • 2D+3D撮影については、従来のマンモグラフィ検査の料金プラス4,400円(税込)で検査可能です。
pageTop